FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回台北セミナー無事終了!

IMG_0717_Fotor.jpg
開始前の挨拶。
同時通訳の方のおかげで技術以外のコミュニケーションも確りとれます!


IMG_0719_Fotor.jpg
今回の台北セミナーにはRENKOの浜島先生も同行!
序盤のウォーミングアップに螺旋功、そして応用で関節技の”抜け”をレクチャーしていただきました!


IMG_0737_Fotor.jpg
先ずは基本の突き、ストレートリードから!
前回の台北セミナーもそうでしたが、武術経験者が参加しています。論より証拠ということでノーモーションの突きを体験していただきました!


IMG_0740_Fotor.jpg
東京武館の松江指導員、彼は内弟子を卒業し今は私の家族と同様の存在。
名門の柔道部出身で現在も現役のプロキックボクサーの集まりに参加しています。
学び方については100点満点の彼、最近指導員としても脂がのってきたなと思います。


・小さな円と大きな円
IMG_0751_Fotor.jpg
IMG_0767_Fotor.jpg
捌いて、差し手を入れて、相手の手を引っ掛けて....
といったバラバラな動きを円運動に近づけることで扱いを簡潔にする。


・スネーク
IMG_0752_Fotor.jpg
IMG_0753_Fotor.jpg
円の動きに深度を持たせ、押し込む、引き込むを容易にさせる。


・フィギア8を含めた総括
IMG_0775_Fotor.jpg
勢いで攻防一体の動きを捩じ込むにはフィギア8が最適。
これに前述の動きを臨機応変に組み合わせることで補完する。

Defficのメソッドとして簡潔に纏めた動きですが”誰でも簡単に〜”とは言いません。
所謂”功夫を積む”行為抜きには扱えるものではないことははっきりと申し上げておきます。


・カランビットナイフを持って
IMG_0785_Fotor.jpg
IMG_0787_Fotor.jpg
武器の特性を理解しなければ自傷してしまうのは言うまでもありませんが、素手である程度これらの動きができてしまえば”カランビットを持ったから特別に変わる点”はさほどありません。
それほどカランビットとの親和性が高い技術になっています。


・最後はサロンを用いて
IMG_0790_Fotor.jpg
IMG_0791_Fotor.jpg
柔らかで、素材によって摩擦具合や張りが異なるため扱いが非常に難しい武器です。
Defficではサロン、ベルト、紐で稽古しますが一番強烈なのは紐です。



IMG_0663_Fotor.jpg
打ち上げ二次会は協力会社のNaka'sオフィス代表に招待していただきました!
今回の良い点悪い点、今後の台北での進出の仕方、全員が意見を言い合い、とても良い場になりました。

私達Defficは国際団体として来年から10倍規模を想定して動いていきます。
私一人にできる限界を越え、私の右腕左腕、頭脳、様々な連携があってそれは達成されるのです。

国際団体といいましたが、名称も相応しいものになります。
”Deffic International Modern Martial-arts Federation”
(国際近代武術連盟)

です。

2019年について今から本当に楽しみなことがあります!
・台北の武術団体の方から”コラボレーションセミナーを開催しませんか?”と連絡をいただきました!
 第四回Deffic台北セミナーをどうするべきか、調整を迫られます!
・”武蔵流剣術(二天流/二天一流)”の高無宝良先生を秋田に招致しました!オープンセミナーですから何方でも参加できます!※開催日は既に決定しています!2月16/17日の2日間です!
・ある截拳道の指導員の方との交流予定!
・イタリアミラノの武術家がDeffic総本部武館に!
・そしてイタリアミラノでのDefficセミナー開催!


今年は後進の育成に務めると決め、確かにそのような一年であったと記憶しています。
そして少々早いですが”来年は私自身の進化成長の年とする”そう決めていました。
そして、決めれば世界は動くもの。
今から来年の素晴らしいビジョンを感じ、全身の細胞が沸き立つのを感じます!


スポンサーサイト

Track Back

TB URL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。