Deffic Number System

レベル3の課題であり、即応能力の開発や苦手なコンビネーションの克服などができるDefficのナンバーシステムの動画を紹介します!



(マイク・タイソンのナンバーシステムとは番号の配置が異なります)



こちらはカランビットナイフを持ってのナンバーシステム。
エクステンションは一連の流れでスムーズに行い、素手も臨機応変に織り交ぜます。



こちらはダガーを持ってのナンバーシステム。
打撃のみと異なり、斬る、突くの変化で対角線などのナンバーにも対応し易いと感じることができます。




最後にバストンを持ってのナンバーシステム。
近距離中距離のコントロールを意識すると、更に良い稽古方法になります。


Number Systemはマススパーリングの最中に即応することで更に能力開発をすることができます。
現在5月の昇級昇段試験に向けた稽古でこの稽古方法も濃くおこなっています!


スポンサーサイト

Track Back

TB URL

HOME