FC2ブログ

70代の女性門下生

6月に入会した70代女性のMさん。

きっかけは先に入門していたMさんのご家族の紹介で、見学にいらしたのが”武器術”の日。
内容はカランビット対ナイフ技術など、過激な内容も含まれていたのですが、終わってみての印象は「動きが綺麗」でした。
「おじゃまじゃないかしら」と遠慮がちの入会ではありましたが、取り組んでみたいという気持ちがとにかく嬉しかったです。


お昼の”コンディショニング”クラス(身体操作や呼吸法、気功の導入部分などを通じて武術を行使する下地を整える)
を主に週二回ほど通われていますが、昨日の稽古ではいよいよ詠春拳系技法に取り掛かりました!


IMG_0280_Fotor.jpg
良い膀手/ボンサゥです!


歩みというのはどれだけ遅くても良いのです。

「どうせ」と踏み出す意志を放棄しては、
「いつか」といつでもできると思い誤っては、
「忙しいから」と見て見ぬふりをしていては、

どうしても得られぬ世界があるのです。

どのような環境、境遇であっても、一歩を踏み出し、踏みしめること。
それが武術の何たるか、生きるということの何たるか、であると思う次第。
”Walk on”とは、元気なときにずかずか歩くことを云うのではありませんから。





スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME