第6回仙台セミナー無事終了しました!

今回は総括的戦闘法ということで、少々難解な内容だったと思います。


0629sendai1.jpg
1、戦闘意思を見せないように相手の攻撃ラインを防ぐ
相手が構えをとっていてもこちらはそれをなだめるような姿勢をとりつつ、相手のパンチの射線を制御します。
打たれたら反応するというより、打ってくるラインを塞ぐということです。


2、接近距離からの打撃と崩しの融合技
体捌きと打撃と崩しが一つになった動きを学びます。
【危険な状態と判断したら、迷わず打ち、相手の体勢を崩す】
よく手を出さず全力で逃げろと言われますが、扉や階段のある場所で試してみればよいです。
足が速くても逃げきれませんので。


0629sendai3.jpg
2、ロックフロー
立ち関節を嫌がる相手への連続技。または相手が掛けてきたときの返し。


3、距離、技ランダムでの襲撃に対する臨機応変対応。
【通りすがりに何かをされる】というシチュエーションでおこないました。
殴りかかってくるかも知れませんし、掴みかかってくるかも知れない。切りつけられるかも知れない。
そんな状態で素早く対応するための稽古で、やはりこれも射線を制することが第一になります。



0629sendai2.jpg
4、壁際に押し付けられた場合や大きな相手をコントロールするための重心操作
相手が押さえつけてきたり踏ん張っているときに自分を軸にしていては相手を上回るパワーが必要になります。


5、二人掛かりでランダムに押さえられている状態からの脱出
腕を掴まれたり、髪を掴まれたり、首を絞められたり。
毎回色々な形で押さえられる状態から脱出します。


0629sendai4.jpg
6、最後は5の状況で一人がナイフを持っています
ナイフを無視して脱出しようとすればあっという間に刺されますので、動きの優先順位が要になります。


次回の第7回仙台セミナーは7月24日(日)13:00~17:00
場所:スタジオYou
参加費:初参加の方6000円
    リピーターの方5000円
※バストンは8セットまで貸し出し可能


ダブルバストン】いわゆるカリスティックのシナワリ(二刀流)です。
打ち合いに基本と、両手にスティックを持ったまま相手のスティックを奪う(ディスアーム)技術までを行います!


↓過去の仙台セミナー動画にバストンが含まれています。
スポンサーサイト

Track Back

TB URL

HOME