FC2ブログ

総本部武館開館6周年!

あっという間に6周年!

この1年を振り返ってみて、明らかに5周年とは違う組織としての安定感や力強さを感じました!
東京武館の橋本指導員やM氏は15~17年に及ぶほどの付き合い、秋田の初期メンバーもなんだかんだと8年になります。
そして、この3年で急成長を遂げた内弟子達。

古株と新進気鋭のメンバーは仲が悪いのが常だと思いますが、良い按配に棲み分けられているのが我ながら素晴らしいと感じるところ。


201884 総本部武館㊗️6周年_180806_0010_Fotor

201884 総本部武館㊗️6周年_180806_0026_Fotor
秋田は竿燈祭り、盛岡はさんさ祭りに被っていたため参加者は少なめではありますが、東京、盛岡、仙台からお祝いに駆けつけてくれた門下生達。

201884 総本部武館㊗️6周年_180806_0013_Fotor
IMG_7460_Fotor.jpg
恒例の色紙

201884 総本部武館㊗️6周年_180806_0016_Fotor
201884 総本部武館㊗️6周年_180806_0022_Fotor

截拳道実践団体Defficの理念や目指すところの共有。
「指導員を目指したいです」そんな決意を聞けたり。
突然始まるチーサゥ(笑)

良い時間を過ごせました!


201884 総本部武館㊗️6周年_180806_0028_Fotor

来年のビッグイベント”イタリア・ミラノセミナー”が大きな目標に設定されましたが、先ずは今年のイベント...
9月武館対抗戦&組手交流会
11月第3回台湾(台北)セミナー
を全力でやり切っていきたいと思います!

スポンサーサイト

第4回名古屋セミナーのレポート


名古屋同好会のBlogにて、松山同好会長がレポートしてくれています!
Deffic名古屋同好会のBlog

o1080080914222593862_Fotor.jpg

写真NGの方が2名いらっしゃいましたので、画像/映像情報が少ないです(笑)


〜截拳道実践団体Deffic 名古屋同好会〜
毎月第4月曜日20:00~22:00
年会費10000円
【特典】Deffic名古屋セミナーへの参加費が半額に

50代女性 昇級審査での組手


2年前の7月に入門した50代の女性。
武術の経験はなく、対人稽古もおっかなびっくりだった彼女が今回レベル4に合格しました。
この動画はレベル4の課題、HIAを用いたマススパーリングです。


Defficではレベル毎にジークンドーの戦術が課題になっています。
レベル1 SDA 直接攻撃
レベル2 SAA 角度のついた攻撃
レベル3 ABC.PIA 複合攻撃/間接攻撃
レベル4 HIA 手を不動にしての攻撃(詠春拳の基本攻防/トラッピング)
レベル5 HIA 手を不動にしての攻撃(チーサゥ/リンシゥダイダ)
レベル6 ABD 攻撃を引き出しての迎撃
各レベルの審査では約束組手や演武、そしてマススパーリングで課題を表現します。

いよいよ来週の日曜日は第4回名古屋セミナーです!


↑セミナーで紹介予定のシラット系技法"figure8"

相手がダブルジャブでも、ワンツーでも、フックでも、それを捌き、潰して、打ち込み、崩す、そのような技術です。
精緻な技法も重要ですが、このように迷いなく動ける技術は自分の能力が低下している状況でも信頼できます。



〜〜〜以下第4回名古屋セミナーについての告知です〜〜〜

第4回名古屋セミナーは身体操作からシラットの技術、付随する武器術をメインに進めて行きます。


〜タイムスケジュール〜
16:00開場
16:15開始
16:15~17:00ストレッチ/身体操作など
17:00~18:00シラット系基本技法
18:00~19:00応用
19:00~19:45武器術
19:45終了
20:00退場

〜参加資格〜
どなた様でも結構です。
直接打ち合うような内容とは異なりますので、初心者の方も安心して参加いただける内容となっております。


〜持参するもの〜
動きやすい服装
(ネックレスやピアスなどは思わぬ事故につながりますのでご遠慮ください)
フェースタオル
飲料水
室内用シューズ※お持ちでなければ裸足でも結構です

〜申し込み方法〜
メッセージ、若しくは...
メール→ info@deffic.org
電話(総本部武館)→ 018-893-6916
定員10名



〜参加費〜
初参加の方 5000円
名古屋同好会メンバー2500円


名古屋同好会も順調に開催されています!
興味のある方先ずは見学からどうぞ!

名古屋同好会のBlog


Deffic Number System

レベル3の課題であり、即応能力の開発や苦手なコンビネーションの克服などができるDefficのナンバーシステムの動画を紹介します!



(マイク・タイソンのナンバーシステムとは番号の配置が異なります)



こちらはカランビットナイフを持ってのナンバーシステム。
エクステンションは一連の流れでスムーズに行い、素手も臨機応変に織り交ぜます。



こちらはダガーを持ってのナンバーシステム。
打撃のみと異なり、斬る、突くの変化で対角線などのナンバーにも対応し易いと感じることができます。




最後にバストンを持ってのナンバーシステム。
近距離中距離のコントロールを意識すると、更に良い稽古方法になります。


Number Systemはマススパーリングの最中に即応することで更に能力開発をすることができます。
現在5月の昇級昇段試験に向けた稽古でこの稽古方法も濃くおこなっています!


HOMENext ≫